「発毛」「育毛」「増毛」「植毛」のそれぞれの特徴

将来薄毛や抜け毛の心配がある人や

抜け毛に困っているときに思いつくことは

「発毛」「育毛」「増毛」「植毛」かと思います。

自分の症状やどんな特徴なのかをお伝えしたいと思います

 

まず

発毛と育毛は《成長を助け自分の頭皮を正常にし健康にしていくケア》

増毛と植毛は《見た目を変えられ、人工的に毛を増やす行為》となります。

発毛と育毛に関してはすぐに効果が得られる事はできません。しかし自分のヘアサイクルを正常化することにより髪の毛が健康的に成長させます。

また増毛に関しては施術後にすぐに効果が得られますが、根本的な抜け毛や薄毛の改善はできません。

植毛は医療行為になるため施術に時間がかかるのと術後も数ヶ月後に効果が得られます。

 

それぞれの特徴

コスト、効果が実感できる時間を4段階の評価☆☆☆☆

髪の毛の状態の目安もまとめました。

 

発毛

発毛剤や内服薬で髪の毛の脱毛を防ぎます。

なくなってしまった髪を再び生えるように細胞に働きかけます。

毛周期を正常に整えていくため生えるまでの時間がかかります。

デメリットとして効果が得られるまで薄毛を隠す事かできない。

医薬品使用のため副作用が出る恐れがある。

 

コスト ★★☆☆ 2

医薬品により価格は変動するが比較的にリーズナブル

 

効果が実感できる時間 ★☆☆☆ 1

健康な状態に戻すのに時間がかかる

 

毛の状態

薄毛、脱毛したて〜

サイクルを整えるのに時間がかかるのでなるべく早い段階でのケアが好ましい

 

育毛

マッサージや育毛剤で髪の毛を健康にする。

薄毛や抜け毛の予防。

今ある髪の毛にハリやコシをだす。

頭皮の環境をよくし健やかな髪にする。

細毛や軟毛や抜け毛を改善していく。

デメリットは脱毛している部分には効果がない。

 

コスト ★☆☆☆ 1

医薬部外品の育毛剤やヘッドスパなどのケアで一番安価にできる

 

効果が実感できる時間 ★☆☆☆ 1

予防がメインになるため現状維持や髪が抜けにくくなるが劇的な変化はなし。

 

毛の状態

生えている〜抜け気が出てきた、ハリがコシがなくなり始めた

髪を育むケアなので、予防目的で早いうちに習慣化するのが好ましい。

 

増毛

自分の毛髪に人工毛を複数本結びつける行為。

すぐに髪の毛が増えたようにみせれる。

カツラや部分ウィッグよりもナチュラルな仕上がり。

結びつけるため施術の時間がかかるのと

伸びてきた部分や自分の毛が抜けてきた時に

定期的なメンテナンスが必要になる。

デメリットとして根本的な薄毛や抜け毛の改善にはならない。

 

コスト ★★★☆ 3

定期的なメンテナンスや手入れに費用がかかり続ける。

 

効果が実感できる時間 ★★★★ 4

施術後にすぐにボリュームが増します

 

毛の状態

薄毛、部分的な脱毛の始まり、頭皮が透けてきた

結べる毛の長さが必要なため完全脱毛だと施術できない。

 

植毛

薄毛部分に毛を移植する医療行為。

保険適用外になります。

自分の襟足や耳まわりの毛を生えていないところに移植する自毛植毛と

人工毛植毛があるが、拒絶反応など起こりやすいため

一般的に自毛植毛が多い。

植毛手術のため痛みを伴う。

1度植毛した部分は生え変わり続ける。

デメリットとして人工的に植えるため元の自然な髪の密度にはならないのと

植毛部分以外の脱毛の進行が改善される訳ではない。

 

コスト ★★★★ 4

施術になるため高額(100万円オーバーが基本)

 

効果が実感できる時間 ★★☆☆ 2

術後の赤みがあるもと伸びるまでに半年から1年がかかる。

毛の状態

〜脱毛しているが襟足、耳後ろに毛がある状態

自分の毛を植毛するため完全脱毛の人だと施術できない。

 

いかがでしょうか?

それぞれのメリットやデメリットがございますが

組み合わせてケアしていくことで

デメリットも改善されることもあります。

自分にあうスタイルでケアしていくのがいいのではでしょうか?

 

平石クリニック NIPT 口コミ 評判 効果

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です