チャットレディが

新型コロナウィルスの影響で外出制限がなされています。結果様々な経済活動が減速している状況でしょう。そんな中チャットレディ・メールレディという職業は好調なのではないのでしょうか。チャットレディ・メールレディというのは、インターネットや、スマートフォンなどを使って通話、画像、メールのやり取りで男性とコミュニケーションをとるサービスを行う女性たちを指します。スマホライブチャットanyはスマホ専門でサービスを行っています。最近オープンしたため、チャットレディ・メールレディを大募集しています。直接男性と会うことはなく、好きな日好きな時間仕事が始められます。場所も選びません。報酬は、通話1分で90円、メール1通あたり35円~、動画や画像位置閲覧ごとに20円となっています。歩合制なので、頑張れば頑張るほど稼げます。働き方は、まず仮登録を行い必要事項を記入してからメールを受けます。メールに記載されている、URLから入力画面を開き、必要事項を入力して送信。身分証の確認が取れたなら登録完了で仕事を開始することができます。チャットレディ・メールレディは直接会うわけではありませんが、異性とコミュニケーションをとるというサービスを行っているという性質上、キャバクラなどのような「接客業」に分類されると思います。「接客業」は人と話をすることが前提の仕事なので、精神的なストレスが主な苦労になると言えるでしょう。サービスを与える、受けるという立場的なこともあって理不尽な言葉を浴びせられたり、失礼な態度や無理な要求をされることもあり得ます。また会話を行う行為は情報のやり取りを伴うため、身バレ顔ばれというリスクもあります。相手に見せる情報には自分の個人情報などが映らないよう配慮する必要があります。報酬が歩合制なため頑張れば稼げますが、不安定になりやすいです。容姿・年令が関係なく働けるのは特徴と言えます。チャットレディは経験がなくとも始めやすい職業と言えます。しかし、どの職業も良い面ばかりというのはなく悪い面も当然あります。気を付けましょう。チャットレディーとは。スマホを使って稼ぐ方法

遺伝子を調べて猫の遺伝子

遺伝子検査というと自分の遺伝子を調べて、遺伝的に自分がどの病気にかかりやすいか調べて、その病気にかかりにくい生活習慣を送るよう心掛けるといった使い方が一般的であります。近年遺伝子検査の技術の向上により、遺伝子検査にかかる費用がぐっと安く行えるようになったことで人間だけではなく個人で飼っている猫や犬についても調べるようになってきました。もともと、猫や犬ペットの遺伝子検査はペットショップやブリーダーが販売する前に調べたりするという形で行われていました。それが個人向けに、犬や猫などのペットの遺伝子を調べるというのは画期的と言えるものでしょう。動物を飼ったことがある人ならわかると思いますが、一緒に過ごしていくうちに、家族のように愛着を持つものです。家族が病気になり苦しんでいるそういった姿は見たくないものです。なので、ねこやいぬを定期健診に連れていく家庭は増えていきました。それがもう一歩踏み込んだ形と言えるのかもしれません。値段は5000円~14000円となりますが、家族の事だと考えるとやっておこうという家庭はやはり多いことでしょう。飼い猫は個で生きているわけではありません。飼い主の世話によって生きています。飼い主は飼い猫に対して、生活を保障する責任を負っていると言えます。ひいては、飼い猫の健康についても責任を負っていると言えるでしょう。なので飼い猫の遺伝子を検査してなりやすい病気の傾向を知り病気になりにくい生活環境を整えてあげることは当然と言えば当然なのかもしれません。猫にそんなことを言ってもどこ吹く風なのでやはり飼い主が配慮してあげないとですね。
最初はどうとも思っていなかった存在であっても、一緒に過ごしていくうちに慣れて可愛く思っていくものです。猫にとっても同じみたいで、最初は近づいたるすることがあまりありませんが慣れてくると、ねこの気が向いたタイミングで甘えたりするようになっていきます。そんなねこを気にかけてあれこれ配慮するのは自然なことなのかもしれませんね。【ねこの遺伝子検査】ねこと人の健やかな生活

郵送される検査キット

病気などの検査というと、やはり病院で医者の診療を受けて、検査を行うという手順が一般的と言えます。
しかし、通信技術が進歩し、インターネット等のネットワークが発達した現代、検査キットなどを郵送して自宅で検査を行うことが可能となってきました。
考えてみると検査は、医者の診察を受けて検査を行う手順でが、実際にお医者さんがキットを使って検査を行うというよりは、看護師の方が検査キットを使って検査し、その結果をお医者さんが見て判断するという形です。つまり、検査キットは誰でも使えるものであり、検査キットさえあれば自宅でも検査が可能であるという発想なのでしょう。
これは、「Sexually Transmitted Diseases」通称STD、あるいは「Sexually Transmitted Infections」STI。
性感染症などのような、性に関するデリケートな問題を持つ人たちにとってはありがたいサービスと言えるでしょう。性に関する病気の類は軽々に相談しにくく、誰かに相談して結果それが、周りに知れてしまった場合、非常な羞恥を感じてしまいますし、悪意を持って広められて風評被害を被る可能性があります。ゆえに、例えお医者さんであっても、できれば直接会わずに検査を行いたいと考えるものでしょう。他にも、単純に病院に行く時間がなく、自宅で検査したいというふうに考える方も多いと思います。
例えば風邪のような、症状が分かりやすく、自然治癒が見込める病気なら、検査をあえて行わなくても、自宅療養しておくことで人に移すことはなく、完治も見込まれます。
しかし、性感染症には、症状が自覚しにくいものがあり、また自然に症状が収まり治ったかのように感じられるものがあります。(もちろん治ったわけではなく重症化しています。)死に至る重大な病気もあります。何より、自覚がないため、パートナーに感染させ、性感染症を拡大させてしまう可能性が大きくなります。
相談しにくいというのは、分かるのですが心当たりがあるのであれば、検査キットを郵送してもらい、自宅で検査して、自分のひいては、相手の健康のために行動するのは良いことではないでしょうか。【郵送検査】誰にも知られず、自宅で検査

シカケテガミというサービス

シカケテガミは「いい大人のためのラブレター」をコンセプトにした、絵本を作って相手に送る言うサービスです。
カップルや夫婦向けのコンセプトなのですが、大切な人であればだれに送っても良さそうです。
日頃中々伝えられない思いを絵本にして送れば、きっと喜んでくれるのではないでしょうか。
金額は4800円で結構よい値段がします。ただ、世界で一つだけという付加価値が付くのでそれを考えてみると高いのか安いのか…
ちなみに少々調べてみると、4800円を高いと感じる人は結構女性が多いみたいですね。どうやら他のものが欲しいみたいでした。男性女性の性差によるものなのか、送る側贈られる側の立場の違いなのか、たまたま意見を述べる方が偏ってあつまったのか。まぁ分かりませんが。
申し込みはスマホ、パソコンを使ってシカケテガミホームページで申し込みできます。まず、絵本作家さんを選んで、絵本のイラストのテイストを選びます。現在二人しかいないので、二者択一なわけなのですが。絵のタッチはやはり個性が出ますので好みがわかれるようですね。
絵本のテイストが決まったら、今度は基本となる個人情報を入力になります。個人情報といっても自分の名前だとか、パートナーの愛称だとか子供が何人いるかとかそういった情報です。
個人情報が入力出来たら、自分、パートナーのアバター作成です。いくつかのパーツを選ぶだけなので簡単にできます。しかし、顔のパーツは結構たくさんあるので結構個性が出せるようですね
幾つかの定型文から5つストーリーを選んで選択です。ストーリーを考えなくてよいのでそこは助かりますね。
最後の場面に自分の自由メッセージを表示するので、メッセージを作成しましょう。いってみれば一番ここが重要なところと言えるでしょう
ちなみに、本の帯表紙も設定できます。推薦人を立てて推薦文など書いたりしていますね。ユニークですよね。
プレビューを見て問題なければ決裁して完了です。
1週間~10日くらいで到着です。
感謝の気持ちはあっても、恥ずかしくて言えない。そんな人はシカケテガミで感謝の気持ちを表してみても良いのではないでしょうか。【シカケテガミ】思いを、言葉に変えて形に変えて 

抜け毛・薄毛の効果のある食材といえば?

抜け毛・薄毛の予防対策としてどのような食材が効果があるのか?
昔からよく耳にしていた「髪には海藻類が良い」とされていましたが、昨今、ウソではないが迷信だと言われます。けど海藻類は食物繊維、ミネラルなど優れた栄養素を持っているのは確か。
しかし、抜け毛の予防効果は期待できないです。
では、抜け毛・薄毛の予防対策に効果のある食材はどのようなものがあるのか?まず、髪の主成分といえばケラチンです。
ケラチンは、タンパク質の総称であって髪や皮膚、爪、体を守る役割をしていて、髪の毛の成分の90%を占めているのがケラチンです。
抜け毛・薄毛の対策で大切なのは、健康な髪づくりから。髪は女の命とも言われ、男性もですが女性にとってはやはり命と言える大事なものです。
なので、抜け毛・薄毛の対策はしっかりしたいもの。健康な髪の毛を作るための食材を紹介します。
豆類
豆類は髪にはとても良い食材の一つです。髪の毛に必要なタンパク質、鉄分、亜鉛をとてもバランスよく含んでいるのが特徴です。豆類でいえば豆腐、枝豆、そら豆、大豆。大豆はイソフラボンを多く含んでいるので女性にはかなりおすすめの食材の一つです。
魚類
いわし、ニシン、さば、鮭。鮭は豊富な栄養素を保っていて、髪の毛に必要なタンパク質、ビタミンDを多く含んでおり健康な髪づくりにはもってこいの食材です。
緑黄色野菜
緑黄色野菜に含まれるビタミンAやビタミンCは頭皮の保湿、潤いの役目をしてくれます。また。小松菜やほうれん草は鉄分が豊富で健康維持にもよく、抜け毛に良いとされます。

卵には、鉄分、亜鉛、セレン、食流アミノ酸の4つのミネラルとタンパク質がとても豊富に含まれています。昔から栄養価が高い食材として、、抜け毛・薄毛の予防には良いとされています。
補足
髪にいい食材のタンパク質 髪の主成分であるケラチンのもととなるアミノ酸を含むタンパク質が多い食品と言えば、「肉、魚、大豆製品、卵、牛乳、カキなど」
また女性の身体は毎月の生理の時に出血で、鉄分不足になるので貧血など抜け毛を引き起こす原因にもなるので、鉄分の多く含んだ食材を摂るのをおすすめします。女性に不足しがちな栄養素の一つがカルシウムです。やはりなんでもバランスの取れた良い食事がそのまま、抜け毛・薄毛の予防に繋がります。
カルシウムで言えば、先程もいった小松菜です。豆腐、鉄分で言えば大豆、カツオなど。髪の毛の成長、頭皮環境を整えるための食材、これらをたくさん摂ったからといって、抜け毛が改善するとは限りません。
髪の毛にも、また健康維持のためにも、必要な栄養素を知り、それを意識して摂ることで抜け毛・薄毛の予防対策になるでしょう。上記でもいいましたが、1番重要なのはバランスの取れた食事、食材。食生活の改善を行って、抜け毛・薄毛予防をしていきましょう。
また、抜け毛・薄毛に良くない食材といえば糖分、動物性脂肪があげられます。飲料水などに含まれる糖分、多く摂りすぎると頭皮にも悪影響を与えることになります。動物性脂肪(バターなど)ラーメンや、ハンバーグ、ファーストフードなど、脂っこいものを多く摂ればやばいです。>p女性用育毛剤

本の出版はアウトプットな行為!?

本を読むという行為は、インプットであると言われます。そして、対比として、文章を書く本を作る行為はアウトプットと言ってよいでしょう。主観的な話しにはなるのですが、インプットよりアウトプットの方がきつい。そう思われる方は多いと思います。インプットはいわば知識を自分のものにする行為、アウトプットは自分のものにした知識を使って何かを構築する行為と言えるでしょう。アウトプットの方がきついのは当然かもしれません。しかしきつい思いをして生み出したものには、愛着がわきますし誇らしくも思えます。本を作る…いえ、本を出版するという行為は、本を読むという行為とは違う大きな意味を持っていると考えます。

では、本の出版とはどのような流れになるのでしょうか?作業としてはもっと細かくなると思いますがこのようなものでしょう。
1.原稿を執筆する
2.打合せ・入稿
3.編集・レイアウト・校正
4.印刷・製本
5.完成

1.原稿を執筆する
原稿がないと本は出版できませんものね。まずは「原稿」を完成させましょう。

2.打合せ・入稿
次に「打合せ」です。本のサイズやカバー、いつまでに出版したいかなど、編集者の方と打ち合わせを行いましょう。ある程度方針が決まったら、原稿を渡して、「入稿」です。

3.編集・レイアウト・校正
それから、「編集・校正」ですね。本全体の構成、見出し等の見直しをして原稿を整理したり、誤字・脱字・誤記入などを発見して訂正をします。

4.印刷・製本
校正完了後、製版・印刷・製本という工程になります。ここはプロの方にお任せし、完成を待つことにしましょう。

5.出来上がった本を納品してもらい完成です。

作業工程はもっと複雑で色々あると思いますが、こんな感じでしょう。本の出版において、作者が主に担うのはやはり、原稿執筆と言えそうですね。とはいえ、一つの本となる分量の執筆とは、相当な量でしょうしその苦しみは想像するに難くありません。しかし、本が完成され出版されたときその喜びはひとしおでしょう。
何物にも代えがたいものなのかもしてませんね。自分の本が出版されるってワクワクしません? 

 

虫を食べる時代がくるかも

2013年国連食糧農業機関(FAO)が昆虫食を推奨する報告書を発表しました。
来る将来、環境悪化などにより穀物の不作が続き、深刻な食糧問題が発生すると予測され、その救済案として昆虫食を推奨するというのです。
現在地球上には約2000種ほどの昆虫が食用とされています。
世界では数百か国が昆虫食の文化を持っています。
日本もかつては昆虫食の文化が広く普及しており、大正時代の調査によれば約55種類もの食用昆虫の存在が認められたいました。しかし第二次大戦後には20種類まで減少し、現在ではイナゴ、ハチの子、ザザムシなどが一部の地域で伝統的に食されているにとどまっています。
通常身の回りにいる昆虫は、追い払ったり、叩き殺したり、時には、殺虫剤で戦ったりするような不快な存在です。しかし、優れた栄養食品でもあり、他の食材に引けを取らない量のたんぱく質繊維質、良質の脂肪、必須ミネラルを含んでいます。これは昆虫が昆虫の体を維持するための栄養をその体にため込んでおり、人間がそのまま食することができるからです。牛などで行おうとすれば牛一頭丸々食べる必要が出てきます。
さらに、飼育の観点からも利点があります。昆虫は成長が早く育成に必要な土地は、牛や豚、ヒツジなどを育てるよりもはるかに狭くて済み、食べたエサを家畜より効率的にたんぱく質に変えることができるので、少ない投資で多くの成果を得ることができます。
また、昆虫食を行うことで、殺虫剤による昆虫駆除を軽減させる側面も期待できます。さらに、食用昆虫を養殖するという新たな産業が生まれ雇用の創出につながる可能性があります。
と、良いとこづくめの昆虫食ですが、エビやカニと近い生き物であるため、アレルギーについて気を付けねばなりませんし、毒を持った昆虫も多いので知識もなくむやみに食すると危険です。また見た目が受け付けないという方も多い事でしょう。
このように、リスクもあるのですが昆虫食には、さまざまな期待が寄せられています。
現在日本では昆虫食が当たり前、という段階ではありませんが、いずれ普及し普通に食卓に並ぶ日も来るのかもしれませんね。【昆虫食】栄養価が高く、美味しい!様々な味を楽しめる魅力的食材

にゃんがーど猫脱走防止

・にゃんがーどは猫専用脱走防止用のアイテムです。玄関、窓など猫が出入りしてほしくない場所にもうひとつ、扉を設置して、人が扉を開ける際に猫はにゃんがーど前でストップされる仕組みです。
・設置方法は、天井・床に突っ張ることで設置されます。従来の猫防止扉は天井・壁・床などに穴をあけて設置されていたようですが、にゃんがーどはバネを使った突っ張り型なので、家屋に傷をつける心配がありません。かなり頑丈で緩むこともなく、長期間にわたり使用できます
また、にゃんがーどはオーダーメイドで、猫脱走防止用のアイテム・装置を自作できない人用に制作されているため、非常に簡単に組み立てることができます。ビス止め数か所することで完成されるよう設計されています。カラーボックスを組み立てることができる人なら30分くらいでつくれます。
・鍵は猫には開けられない丸形の形状をしていて、前から後ろから開錠でき入ることができます。ちなみに、ハートマークの肉球がプリントされています。
・材質はヒノキなど木材で、インテリアとしても良い雰囲気となっていて高級感を漂わせています。舐めても問題はありません
・オプションパーツなどもあり、オーダーメイドなので様々な場所に設置することができます。
ですので、単に外に脱走することを防止するのみならずキッチンや病気などで猫に入ってほしくない人の部屋、生活環境を分けたい人の入り口に設置する用途としても使えます。
・オーダーメイドなので注文を受けてから制作し発想します。到着まで2~3か月お待ちいただくことになります。
・値段は39800円と高額ですが、猫防止用扉をほかで購入しようとすると倍近い金額となります。注文内容次第ですが、金額が変わります。
・にゃんがーど制作のきっかけはねこ工房代表の愛猫の脱走事件から、一般の方はほしいと思っていても自分で作ることができなくて需要があると判断され、販売になったそうです。ねこ専用脱走防止扉【にゃんがーど】ねこと人のちょうどいい距離