郵送される検査キット

病気などの検査というと、やはり病院で医者の診療を受けて、検査を行うという手順が一般的と言えます。
しかし、通信技術が進歩し、インターネット等のネットワークが発達した現代、検査キットなどを郵送して自宅で検査を行うことが可能となってきました。
考えてみると検査は、医者の診察を受けて検査を行う手順でが、実際にお医者さんがキットを使って検査を行うというよりは、看護師の方が検査キットを使って検査し、その結果をお医者さんが見て判断するという形です。つまり、検査キットは誰でも使えるものであり、検査キットさえあれば自宅でも検査が可能であるという発想なのでしょう。
これは、「Sexually Transmitted Diseases」通称STD、あるいは「Sexually Transmitted Infections」STI。
性感染症などのような、性に関するデリケートな問題を持つ人たちにとってはありがたいサービスと言えるでしょう。性に関する病気の類は軽々に相談しにくく、誰かに相談して結果それが、周りに知れてしまった場合、非常な羞恥を感じてしまいますし、悪意を持って広められて風評被害を被る可能性があります。ゆえに、例えお医者さんであっても、できれば直接会わずに検査を行いたいと考えるものでしょう。他にも、単純に病院に行く時間がなく、自宅で検査したいというふうに考える方も多いと思います。
例えば風邪のような、症状が分かりやすく、自然治癒が見込める病気なら、検査をあえて行わなくても、自宅療養しておくことで人に移すことはなく、完治も見込まれます。
しかし、性感染症には、症状が自覚しにくいものがあり、また自然に症状が収まり治ったかのように感じられるものがあります。(もちろん治ったわけではなく重症化しています。)死に至る重大な病気もあります。何より、自覚がないため、パートナーに感染させ、性感染症を拡大させてしまう可能性が大きくなります。
相談しにくいというのは、分かるのですが心当たりがあるのであれば、検査キットを郵送してもらい、自宅で検査して、自分のひいては、相手の健康のために行動するのは良いことではないでしょうか。【郵送検査】誰にも知られず、自宅で検査

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です