遺伝子を調べて猫の遺伝子

遺伝子検査というと自分の遺伝子を調べて、遺伝的に自分がどの病気にかかりやすいか調べて、その病気にかかりにくい生活習慣を送るよう心掛けるといった使い方が一般的であります。近年遺伝子検査の技術の向上により、遺伝子検査にかかる費用がぐっと安く行えるようになったことで人間だけではなく個人で飼っている猫や犬についても調べるようになってきました。もともと、猫や犬ペットの遺伝子検査はペットショップやブリーダーが販売する前に調べたりするという形で行われていました。それが個人向けに、犬や猫などのペットの遺伝子を調べるというのは画期的と言えるものでしょう。動物を飼ったことがある人ならわかると思いますが、一緒に過ごしていくうちに、家族のように愛着を持つものです。家族が病気になり苦しんでいるそういった姿は見たくないものです。なので、ねこやいぬを定期健診に連れていく家庭は増えていきました。それがもう一歩踏み込んだ形と言えるのかもしれません。値段は5000円~14000円となりますが、家族の事だと考えるとやっておこうという家庭はやはり多いことでしょう。飼い猫は個で生きているわけではありません。飼い主の世話によって生きています。飼い主は飼い猫に対して、生活を保障する責任を負っていると言えます。ひいては、飼い猫の健康についても責任を負っていると言えるでしょう。なので飼い猫の遺伝子を検査してなりやすい病気の傾向を知り病気になりにくい生活環境を整えてあげることは当然と言えば当然なのかもしれません。猫にそんなことを言ってもどこ吹く風なのでやはり飼い主が配慮してあげないとですね。
最初はどうとも思っていなかった存在であっても、一緒に過ごしていくうちに慣れて可愛く思っていくものです。猫にとっても同じみたいで、最初は近づいたるすることがあまりありませんが慣れてくると、ねこの気が向いたタイミングで甘えたりするようになっていきます。そんなねこを気にかけてあれこれ配慮するのは自然なことなのかもしれませんね。【ねこの遺伝子検査】ねこと人の健やかな生活

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です