葬儀でのあいさつって

葬儀や葬式では、喪主が挨拶する場面が多々あります。近しい人を亡くした中挨拶をしなければなりませんし、葬儀が始まるまでの短い時間に考えないといけないので、手間取ることになる作業と言えます。しかも、お葬式の喪主挨拶にはある程度の基本的な構成や流れ、マナーなどがあり、厳粛な場であり、細心の注意が必要になります。そのため、葬儀挨拶の代筆を行ってくれるサービスを展開しているお店があります。その名も「葬儀挨拶代筆店」そのままですね。分かりやすいです。申し込み方法はメール・FAX。電話(オプションで課金されますが)、の3つの方法で申し込みができます。金額は添削コースと通常コースの二種類にまず分かれて、その後の要求される納期日数によって変わります。文章が既に出来上がっているなら添削コースが選べ仕上がっている文章を、プロのライターが確認します。文章がゼロからだと通常コースとなります。その後入金が確認されてから文章の作成となるわけですが気を付けないといけないのは、入金が確認されてから納期の日数がカウントされるということです。納期7日前、納期3日前、納期24時間前となっており、納期期間が短いほど高額になります。だいたい、9000円~20000円くらいとなります。ほかに、オプションが用意されており、電話での対応をする場合には8000円追加料金が発生し式辞印刷を使う場合には6000円の追加料金が発生することになります。あと、手書きでの代筆を頼む場合には、到着までに六日間日数が加算されます。と、このように色々と要求されることもあるのですが、葬儀挨拶の代筆はかなり助かるのではないかと思います。先述したように、葬儀の喪主挨拶をする場合などは急を要することが多いですし、近親者をなくしていて精神的に参っている、葬儀までに期間が短く考える時間がない、そういった場面に慣れていることは少ないのがほとんどで、まず何を言ったらよいか分からない。そういった人たちが大勢おられるだろうと考えるからです。そのため、葬儀挨拶を代筆してくれるサービスは有効だと思われます。葬儀・葬式での喪主挨拶・弔辞を代筆で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です