終わりの活動

終活という言葉は2009年ごろから登場したそうです。自分の残りの人生を鑑みて、自分の最後をどのように迎えるかについてを考える活動ですね。
終活(しゅうかつ)ガイド上級講座」は一般社団法人終活協議会が主催する。終活に関する知識・技能を学ぶ講座です。医療技術の発達で、寿命が延び高齢社会となりました。65歳以上のひとり暮らしも増えてきており、終活の知識は今後必要となってくることでしょう。終活に知っているだけで避けられる問題がたくさんあります。ちょっとした知識を知っているだけで残された家族の生活に影響を及ぼすものがあります。終活で取り扱う知識とはたとえば介護・医療・葬儀・墓・保険・延命治療・遺言状・財産・住まい・不要品の処分などが挙げられます。どれも自分がいなくなった時に残された家族が悩む問題と言えるでしょう。それらを自分の生前にどうするか決めておくけば、家族は思い悩まずに済みます。終活ガイド上級講座はこのような知識を学ぶ通信講座です。またこの資格を取得することで地域コミュニティに貢献する事ができるかもしれません。まず通信講座を申し込みテキストや動画で勉強します。活動シート提出することで終活ガイド上級を取得することができます。終活ガイド上級」に合格したあとは、より深い知識を身に付けるため、ホームページに用意されているセミナー動画やテキストで専門分野を学んでいきます。「終活ガイド上級」の資格者は、全国各地で開催されている終活ガイド検定が無料で受講できます。実際に講座を受講することで、学ぶだけでなく学んだ内容を使える知識に変えていきます。終活の専門家として活動するには終活の知識以外にも様々な知識・技能が必要になります。いろんなセミナーや講座に参加して必要な知識・技能を身に付けましょう。分からないことは電話やメールで相談してこなしていきましょう。一つ一つをこなしていき後悔のない自分の人生を歩んでいきましょう。【終活】後悔なく日々を暮らしていくために

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です