いびきする人は病気に

いびきは、呼吸によって空気が気道を通るさいに粘膜と振動して音が出る現象です。気道が狭ければ狭いほど、摩擦など粘膜との振動が大きくなり。いびきも大きくなります。気道は、アルコール、肥満、疲労、病気、薬剤や老化など様々な要因で狭くなります。重複することで、更に狭くなってしまいます。いびきをかく人の特徴は肥満気味、口呼吸、仰向けで寝ている鼻炎の症状がある、ストレスが溜まっている寝る前に飲酒をする習慣がある。睡眠薬精神安定剤を服用している。といったことが挙げられます。いびきは寝ているときの騒音で、周囲の同居人に迷惑をかけてしまいますが、それだけではありません。いびきは様々な病気の原因ともなりえます。まず、睡眠時無呼吸症候群、睡眠時の呼吸停止、昼間の強い眠気などの症状があり、しばしば激しいいびきを伴います。高血圧や糖尿病、いびきをかいているときは呼吸が不十分で酸素不足に陥っている状態で、その状態が長く続くと高血圧や糖尿病などの生活習慣病になりやすくなるとされています。心臓疾患や脳疾患、酸素不足が続くことで不整脈・心不全・心筋梗塞などの心臓疾患、脳卒中や脳梗塞などの脳疾患が引き起こされる危険性もあります。高血圧、糖尿病、脳卒中、脳疾患、などは、生活習慣病として有名かと思います。このようにいびきは病気を引きおこす原因となりえるため、病院に診療を受けにく行く際は専門になる耳鼻科に診察に行くとよいです。いびきを改善する方法は、生活習慣病を改善する方法と一部重複しています、ダイエットをすること、寝る前に飲酒をする習慣を控えることなどが該当します。他には、鼻呼吸をすること、横向きで寝る習慣を作ること、枕など寝具を変えることなどが挙げられます。恐らく、この中では枕などの寝具を変えることが一番やりやすいかと思われます。習慣はなかなか変えることが難しいからです。YOKONE Classicは横向き用に設計された枕です。この枕を使用することで、横向き寝が実現され、また頭の位置を安定させられるため、いびきの改善につながります。いびきの治し方。原因を知り改善するために

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です