資金運用という

資金運用というのは、微妙なバランスの上に成り立っていることが多いようで、特に中小企業などでは、一つ段取りが狂ったら経営が破綻する可能性が多分にあるようです。昨今新型コロナウィルスの影響で緊急事態宣言が発動され自粛を促される状態になっています。自粛をすることによって会社が活動をすることができなくて、運営が滞り経営が厳しくなる。逼迫した資金調達が必要となります。なので、ファクタリングというシステムが有用となっていくのでしょう。ファクタリングは簡単に言うと、企業側の持つ「売掛債権」を手数料を支払って、ファクタリング会社に売却することを言います。つまり、手数料を支払うことにはなりますが、売却することで即日的に現金化でき、迅速な資金調達が可能となる制度と言えます。自社の持つ売掛債権をほかの会社に売却するのだから、債務などとは違い返すお金ではありません。そして、現金化するまでに時間のかかることが多い売掛金を、即座に現金化できるのは、会社運営を行う上において有益な資金調達と言えそうです。しかし、売却するファクタリング会社に手数料を支払うことになるのですが、その手数料が中々に高額になってしまうというデメリットも発生してしまいます。何事にも一長一短ということが言えそうです。「株式会社K2ソリューションズ」はファクタリング業務を専門に取り扱っている会社です。買い取り額は30万円~3,000万円で3,000万円以上でも相談によっては応じてくれるとのこと。法人に対しての売掛債権であれば、基本的に個人事業主・業種・代表者の履歴などは審査の対象には当てはまらない。手数料は5%~で、入金までの日数は、原則最短即日。ただし、審査に時間を要する場合も。契約方法は、電話・来店・出張にて対応してくれるとのこと。審査通過率:95%回収できる金額が若干少なくなるとしても、迅速な資金調達、業種個人事業主の可否を考慮されない条件は資金の調達には有益であるように思います。売掛金を即日現金化。ファクタリングの有効性

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です