お墓しまい

墓じまいは比較的に新しく作られた造語膿瘍だ。それまでは墓じまいではなく、改葬の言葉で使われているのが一般的だったのだ。漢字を当てると墓仕舞いとなるのだろうか。墓じまい、改葬は、墓じまいとは、霊園・墓地にある先祖代々受け継いできたお墓を処分することを指す。お墓を処分と言っても中に入っているお骨を捨てたりはできないため、新しい納め場所を探して納めることまでを行ってから今までのお墓をなくしてしまう流れだ高齢化社会に伴い「墓じまい」をする方が増えてきた。檀家として経済的負担が大きいというよりも、少子化により墓守をする承継者が途絶えてしまう事が主な理由のようだ。墓じまいを行われず、放置されたまま、お墓の名義人と連絡が取られない状態が続くとお墓は、無縁墓として扱われる。無縁墓とされたお墓については、1年ほど墓地や霊園の管理者の方で縁故者を探すことになるが、もし縁故者が見つからない場合は最終的に撤去されることになる。それまで納められていた中の遺骨は他人とごちゃ混ぜの合祀墓(ごうしぼ)行きになる。なお、一度合祀されたご遺骨は後からの取り出しが不可能となり分けることはできない。墓じまいの流れは以下のようになる。遺骨の新しいの納骨先を確保する。移転先から受入証明書を発行してもらう。現在、お墓がある墓地から埋葬証明書を発行してもらう。お墓がある市区町村に改葬許可申請書、受入証明書、埋葬証明書を提出し、改葬許可証を発行してもらう。閉眼供養を行い、遺骨を取り出す。お墓の解体撤去工事を行う。移転先へ納骨する。遺骨の新しい納骨先を探す。これが一番困難と言えるところかもしれない。受け入れ証明書と埋葬証明書改葬許可書を集めて提出はとても行政らしい手続きと言える。散骨などの場合は改葬許可証は要らないことになるのだが、自治体などの解釈によることがあるようで、改葬届がないと遺骨を渡せないというお寺や霊園もあるようだ。最近では墓じまいの代行サービスがあり、墓じまいに必要な手続きの一切を引き受けてくれるようで、便利である。【墓じまい】お墓を整理して埋葬しなおす手続き

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です