AIと金融の関係

AIと金融の関係についてご紹介します!

最近、金融機関にもAIが広まってきています。
日本の金融業界においてもインターネットの普及等によってインターネット取引が主流になってきました。
デジタル化の波が押し寄せてきているということになります。

では、AIはどういった領域で使われているのでしょうか?

あなたが生命保険や損害保険に入る際にどういった処理を行うでしょうか?
店舗に行きますか?
最近では、生命保険や損害保険についてもスマホやPCでインターネットを通じて申し込みや購入ができるようになってきています。

このように、審査に関してもAIが入ってきています。

また、あなたがクレジットカードを使用するときにもAIが活躍しています。
何か物をインターネット上で買うときにクレジットカードを使用すると思います。
そのときにクレジットカードの番号を入力しますよね?
実際にインターネット上で番号を入力するのって少し怖くないですか?
でも大丈夫なんです。
インターネット上でクレジットカードの番号を入力するときにAIが大活躍しているんです。
不正検知をAIで行っています。
不正利用されているかどうか、といった判断はAIの得意領域なんです。

ただ、AIが金融業界に入ってきている、ということは金融業界で働く人にとっては大きな影響があります。
それはどういうことかというと、フルタイムの社員がAIによって減っていくということです。

ゴールドマンサックス社では2000年に600人以上在籍していたトレーダーが、数人になっているという事例もあるぐらいなんです。

ただ、顧客にとってはAIの波は迎合できる流れです。
様々なAIの活躍の場がありますが以下のようなものがあります。

  • 銀行取引用にロボットが活躍する
  • 生体認証
  • 予測をAIで分析する
  • 様々な連絡の自動化
  • など様々な恩恵があるのがAIです。

    とにかくAIの強みとしては人間が処理するよりも素早く処理を正確に行うことができるということでしょう。

    今後は金融業界だけではなく様々な分野にAIが入ってくると思います。
    私たちもAIは活用する立場の方にいたいですね。
    仕事をAIにとられないように頑張りましょう!!

    AIだけではなくペットの犬に癒されるというのもいいもんです。
    犬 口臭

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です