ヒアルロン酸の美容効果と美肌

ヒアルロン酸は、人間の皮膚の約95%を占めている真皮層と言うところに多く存在しています。
人間の皮膚は、3層に分かれていて、一番外側から表皮層、真皮層、皮下組織となっています。
この中でも、真皮層は皮膚の土台となっている部分で、皮膚に対して潤いや張りを与えています。
その他にも、老廃物を排出したり、栄養を運んだりもします。
また、コラーゲンが多いのも、この真皮層です。
コラーゲンとヒアルロン酸には密接な関係があるといわれています。
コラーゲンというのは肌を構成する上で大変重要な成分で、コラーゲンが変質してしまうと肌に艶がなくなってしまいます。
そのコラーゲンを守っているのが、ヒアルロン酸です。
ですので、コラーゲンを守っているヒアルロン酸が減少してしまうとコラーゲンが変質してしまい、肌に艶がなくなってしまうのです。
また、ヒアルロン酸には抜群の保水力があり、ヒアルロン酸1gあたり、約6000mlもの水分を保持することができます。
ヒアルロン酸はこの保水力によって、肌に潤いや張りを与えているのです。
ですので、ヒアルロン酸が減少してしまうと、張りや潤い、肌の艶までもがなくなってしまうのです。

ヒアルロン酸は体の様々な箇所で、重要な役割をしていますが切っても切れない関係なのが、肌との関係です。
美肌になるには、必ずと言っても過言ではないほどヒアルロン酸が必要になります。
赤ちゃんの肌がスベスベでプルプルなのは。ヒアルロン酸がたくさん含まれているからと言われています。
そして、年齢を重ねると共にヒアルロン酸が減少していき、肌がカサカサになっていくのです。
ヒアルロン酸には1gあたり6Lもの水分を保つ保水力があり、この保水力が私たちの肌に潤いを与え続けてくれているのです。
ヒアルロン酸が減少して潤いがなくなるということは、しわやたるみ、くすみなどの原因にもなってしまうのです。
ヒアルロン酸の減少が始まるのは意外と早く、赤ちゃんの肌のヒアルロン酸を100%とした場合、20歳ごろには80%まで減少し、40歳ごろには半分の50%にまで減少してしまうのです。
自分はまだ若いから大丈夫と思っている人も、意外とヒアルロン酸は減少してしまっているのです。
また、ヒアルロン酸の役割は肌に潤いを与えるだけではなくビタミンやミネラルなどの肌の栄養素を運ぶ役割も果たしています。
これによって。肌のターンオーバーが整えられ綺麗な肌を保つことが出来るのです。

ビハキュア 販売店

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です