小説など

小説などの物語の影響で、探偵という職業は、推理で犯罪の解決に導く職業という印象が強調されてしまっています。しかし、実際には、浮気調査などがほとんどで事件そのものに関わるようなことはほとんどないようです。定義的にも隠された事実を調べること、またそれをする人、他人に秘密をひそかに調査する行為、またはそれを仕事とする人の事です。
さて、今も昔も、浮気・不倫などの不貞行為に頭を悩ませる人というのは一定以上いるもので、探偵に依頼される仕事の殆どが、浮気・不倫調査であるようです。街角相談所-探偵-は探偵を派遣する探偵事務所ではなく、お客様の要望を聞いて適切な探偵社・興信所を紹介するサービスを行っている。いわば探偵事務所・興信所のマッチングサイトです。探偵業界に精通したアドバイザーが全国100以上の提携探偵社から厳選し、紹介します。 利用料は無料となっており、匿名で申し込みができ、3分ほどで入力が完了します。また、 街角相談所を通すと調査費用が20~40%OFFになります。一般的な探偵事務所の1時間当たりの調査費用は7,500円ほどなので、1時間当たり4,900円程になります。
街角相談所は実際に調査を請け負う探偵事務所ではないため、直接的な営業を受けることがなく、探偵や調査についての疑問・質問などを相談しやすいという特徴があります。サービスのながれ、公式ページの無料相談から、7つの質問に答えて凡その探偵社の見積もりを確認します。電話で面談し本格的に依頼することを希望する場合は、より詳細にないようをヒアリングして、探偵社とのマッチングを進めます。街角相談所が紹介した探偵社で了承出来る場合は、実際に紹介探偵社の面談員と具体的な調査の話を進めていきます。打ち合わせして問題なさそうであれば契約を締結し、調査が始まります。探偵社の調査員による調査が行われます。調査が終わり、結果の報告が行われます。調査時の映像などを見ながらの説明をうけ、資料をもらい料金を支払って調査は完了になります。調査は終わりますが、その後のアフターフォローをしてくれます。弁護士・カウンセラーの紹介です。浮気・不倫などの証拠を見つけて、そのあとどうするのかという問題があるからです。裁判を起こすのなら弁護士が必要になってきますし、夫婦の関係修復を目指すならカウンセラーに相談しながら行わなければ精神的な負担が大きいからです。このような作業を生業とする探偵業は一般になじみがなく料金体系が分かりにくいものになっています。そのため街角相談所-探偵-のような無料で相談できるサービスは有益なものと言えるでしょう【街角相談所-探偵-】先ずは相談、客観的な意見を聞いてから

 

鍵を

鍵をかけるのは基本的な防犯対策で、非常にありふれた所作とも言えます。それだけに鍵の紛失というのもよく耳にする話です。鍵をなくしてはい其れまで

とはならず何とか鍵を開けて中に入る手段を講じなければならない場合がほとんどです。その場合扉を破壊して入るという選択肢もあるにはあるのでしょうが、その後扉は使い物にならなくなるあるいは防犯上無意味になってしまう。そのような状況を招いてしまいます。そのような状況に陥るなら、費用が発生しても鍵屋さんに依頼して開錠してもらう方がスマートと言えるでしょう。鍵屋さんに来てもらえば、鍵を開けてもらうばかりか合鍵の製作を依頼して合鍵を作って貰えます。また、前述したように鍵を使用する場面ははありふれており、鍵のトラブルもありふれています。そのため、24時間、日本全国、、鍵のトラブルに対応してくれる鍵屋さんというのも存在しているのです。なので、例え夜であっても依頼でき移動時間というものはどうしてもかかるにしても比較的早い時間で来てもらい対応してもらえます。値段というのも昔はともかく今はインターネットなどの普及のおかげか一律同じ金額となるようになってきました。勿論鍵の種類によって金額の上下はありますが…単純に鍵を開けたい場合だと5,000円程かかります。鍵を修理したい場合だと4,000円程、其れ以外に鍵を交換したい、取り付けたい、作成したい、暗号解読したいなどは基本的には8,000円程が相場になるようです。先述しましたが、鍵の種類によっては何万円とかかかってしまうこともあります。それでも、自分で対処するよりはよほど安全で安心できることでしょう。概ね鍵をなくして困ってしまう状況というのは予想していない状況であり、その対処をする上で必要な道具などないばかりか、時間的にも夜中であったりと作業を行うには、はなはな不適切な状況である場合が多いからです。そのような状況であれば少々値が張っても事態を改善させるため依頼するのは当然と言えば当然の帰着と言えるかのしれません。また、防犯性能を上げるため、ドアに2つ鍵をかけたり、鍵を現在使っているものよりも複雑なものに変えて防犯性能を高めるなどの際にも鍵屋さんにはお世話になります。それは、任意で行うものではありますが、自分が空き巣の被害にあう確率を下げるという、メリットがあるため、これも出来るだけ利用しておいて損はないかと思われます。【鍵のレスキュー】強固な鍵で防犯対応

不用品は壊れたもの

不用品と不要品、読み方は同じで意味も似ているのですが、実は微妙な違いがあります。不用品は、壊れてしまっていて、もう使うことができない要らないもの。不要品は、問題なく使えるが、それがなくなってしまってもとりわけ困らない要らないもの。そのような違いがあります。なので、一般に粗大ごみといった分類にされるのは不用品の方になります。一方不要品は、まだ使うことができるという利用価値があるため、リサイクルショップに売却したり、オークションサイトに出品されることケースが多いと言えます。リサイクルショップやオークションサイトを利用すると、本来処分費用としてお金が必要となるはず不用品・不要品が、お金になることから積極的に利用されてきているようです。スマートフォンがあれば気楽に行える、オークションサイトですが、年会費や送料等出品者が負担しないといけない費用が発生します。また落札される、発送する。までと日数がかかることも理解しておかねばならず、しかも、必ず落札されるわけでもないので、入札が入らず、残ってしまった時の処分方法についても考えておく必要があります。リサイクルショップ、オークションサイトどちらもその後商品が使用されると考えてあるていど掃除をしてきれいにして渡したいところです。友人の中に受け取ってくれる人がいるならその人に譲ってしまうのも良い方法ですよね。てがるに運べるものなら、友人に来てもらったり、あるいはこちらから友人宅に届けたり。友達に来やすさでやり取りができます。かさばったりする大きなものだった場合には、方法について考えなければならないとは思いますが…。色々と制約が多いですが自治体に回収してもらうという方法もあります。インターネットを通じて申し込みをすることができます。家の中までは入って来れないとのことで、家の外まで不用品を外に出しておかなければならなかったり、大きさにも決まりがありその自治体が指定するサイズまでしかかいしゅうしてくれなかったり、リサイクル法などの法律によりリサイクル4品目(エアコン、テレビ、冷蔵庫、洗濯機)それにパソコンなどは引き取ってもらうことができませんが、必要となる費用比較的安価だと言えます。民間の不要品回収業者に依頼するのは、費用が掛かったりしますが、業者の方で処理を行ってくれるので、制限がなく手間暇がかからないと言えます。時間に余裕がある場合には自治体を利用し、急ぐ場合には民間の専門業者に依頼する、といったように、自分のニーズに合わせて利用するとよいようです。【不用品】回収、引き取り、処分

お墓しまい

墓じまいは比較的に新しく作られた造語膿瘍だ。それまでは墓じまいではなく、改葬の言葉で使われているのが一般的だったのだ。漢字を当てると墓仕舞いとなるのだろうか。墓じまい、改葬は、墓じまいとは、霊園・墓地にある先祖代々受け継いできたお墓を処分することを指す。お墓を処分と言っても中に入っているお骨を捨てたりはできないため、新しい納め場所を探して納めることまでを行ってから今までのお墓をなくしてしまう流れだ高齢化社会に伴い「墓じまい」をする方が増えてきた。檀家として経済的負担が大きいというよりも、少子化により墓守をする承継者が途絶えてしまう事が主な理由のようだ。墓じまいを行われず、放置されたまま、お墓の名義人と連絡が取られない状態が続くとお墓は、無縁墓として扱われる。無縁墓とされたお墓については、1年ほど墓地や霊園の管理者の方で縁故者を探すことになるが、もし縁故者が見つからない場合は最終的に撤去されることになる。それまで納められていた中の遺骨は他人とごちゃ混ぜの合祀墓(ごうしぼ)行きになる。なお、一度合祀されたご遺骨は後からの取り出しが不可能となり分けることはできない。墓じまいの流れは以下のようになる。遺骨の新しいの納骨先を確保する。移転先から受入証明書を発行してもらう。現在、お墓がある墓地から埋葬証明書を発行してもらう。お墓がある市区町村に改葬許可申請書、受入証明書、埋葬証明書を提出し、改葬許可証を発行してもらう。閉眼供養を行い、遺骨を取り出す。お墓の解体撤去工事を行う。移転先へ納骨する。遺骨の新しい納骨先を探す。これが一番困難と言えるところかもしれない。受け入れ証明書と埋葬証明書改葬許可書を集めて提出はとても行政らしい手続きと言える。散骨などの場合は改葬許可証は要らないことになるのだが、自治体などの解釈によることがあるようで、改葬届がないと遺骨を渡せないというお寺や霊園もあるようだ。最近では墓じまいの代行サービスがあり、墓じまいに必要な手続きの一切を引き受けてくれるようで、便利である。【墓じまい】お墓を整理して埋葬しなおす手続き

 

保険を選ぶのは

保険を選ぶのは何かと面倒くさいもののように思われます。いくつのもの特約があり様々な要素が絡み合って支払う金額が決まってしまうので、支払う金額はこれだけだよ!とわかるのですがその金額になるまでの構成要素が複雑怪奇すぎて理解するのが面倒に思ってしまいます。そのため、保険が大事なものである認識はあっても、敬遠されてしまうことが多いみたいです。【保険】は、多数の者が保険料を出し合い、保険事故が発生したときには、生じた損害を埋め合わせるため、保険金を給付する制度である。と説明されています。言い換えてみれば、みんなで少しずつお金を出し合って貯めておき、誰かが必要となった時、貯めたお金から、その人に必要なお金を出して援助しよう。ということになります。そう考えてみれば至極シンプルな考え方なのですが、人によって、保険事故に合う合わないがあり、個人個人の資質や生活習慣にによってかかる病気のなりやすさ、事故に合いやすさ、などなどが違っていきます。人によって変わってくるので、保険会社に行って相談したとして、この保険料ですよと提示されてもその適正さというのは、素人には判断が難しいものです。そのため保険会社の相談所というものが、あちこちに設置されています。「保険の相談ひろばLINK」は、千葉県、埼玉県、山梨県のショッピングモールなどの商業施設内に3店舗で展開している、 『来店型保険ショップ』です。また来店型保険ショップだけでなく、専門のベテランFP(ファイナンシャルプランナー)による、『訪問サービス』も行っています。相談は無料となっていて、いくつもの保険会社と提携しているため、保険料の金額の適正さを確認するのにも有効と言えます。家庭全般についての保険を取り扱っていることに加え、ベテランのスタッフが多数いるので、例えばどんな保険があうのか分からない、今の保険料はもっと安くならないのか、などの幅広く色々な相談をすることができます。【保険の相談】身近に相談できる保険窓口

資金運用という

資金運用というのは、微妙なバランスの上に成り立っていることが多いようで、特に中小企業などでは、一つ段取りが狂ったら経営が破綻する可能性が多分にあるようです。昨今新型コロナウィルスの影響で緊急事態宣言が発動され自粛を促される状態になっています。自粛をすることによって会社が活動をすることができなくて、運営が滞り経営が厳しくなる。逼迫した資金調達が必要となります。なので、ファクタリングというシステムが有用となっていくのでしょう。ファクタリングは簡単に言うと、企業側の持つ「売掛債権」を手数料を支払って、ファクタリング会社に売却することを言います。つまり、手数料を支払うことにはなりますが、売却することで即日的に現金化でき、迅速な資金調達が可能となる制度と言えます。自社の持つ売掛債権をほかの会社に売却するのだから、債務などとは違い返すお金ではありません。そして、現金化するまでに時間のかかることが多い売掛金を、即座に現金化できるのは、会社運営を行う上において有益な資金調達と言えそうです。しかし、売却するファクタリング会社に手数料を支払うことになるのですが、その手数料が中々に高額になってしまうというデメリットも発生してしまいます。何事にも一長一短ということが言えそうです。「株式会社K2ソリューションズ」はファクタリング業務を専門に取り扱っている会社です。買い取り額は30万円~3,000万円で3,000万円以上でも相談によっては応じてくれるとのこと。法人に対しての売掛債権であれば、基本的に個人事業主・業種・代表者の履歴などは審査の対象には当てはまらない。手数料は5%~で、入金までの日数は、原則最短即日。ただし、審査に時間を要する場合も。契約方法は、電話・来店・出張にて対応してくれるとのこと。審査通過率:95%回収できる金額が若干少なくなるとしても、迅速な資金調達、業種個人事業主の可否を考慮されない条件は資金の調達には有益であるように思います。売掛金を即日現金化。ファクタリングの有効性

いびきする人は病気に

いびきは、呼吸によって空気が気道を通るさいに粘膜と振動して音が出る現象です。気道が狭ければ狭いほど、摩擦など粘膜との振動が大きくなり。いびきも大きくなります。気道は、アルコール、肥満、疲労、病気、薬剤や老化など様々な要因で狭くなります。重複することで、更に狭くなってしまいます。いびきをかく人の特徴は肥満気味、口呼吸、仰向けで寝ている鼻炎の症状がある、ストレスが溜まっている寝る前に飲酒をする習慣がある。睡眠薬精神安定剤を服用している。といったことが挙げられます。いびきは寝ているときの騒音で、周囲の同居人に迷惑をかけてしまいますが、それだけではありません。いびきは様々な病気の原因ともなりえます。まず、睡眠時無呼吸症候群、睡眠時の呼吸停止、昼間の強い眠気などの症状があり、しばしば激しいいびきを伴います。高血圧や糖尿病、いびきをかいているときは呼吸が不十分で酸素不足に陥っている状態で、その状態が長く続くと高血圧や糖尿病などの生活習慣病になりやすくなるとされています。心臓疾患や脳疾患、酸素不足が続くことで不整脈・心不全・心筋梗塞などの心臓疾患、脳卒中や脳梗塞などの脳疾患が引き起こされる危険性もあります。高血圧、糖尿病、脳卒中、脳疾患、などは、生活習慣病として有名かと思います。このようにいびきは病気を引きおこす原因となりえるため、病院に診療を受けにく行く際は専門になる耳鼻科に診察に行くとよいです。いびきを改善する方法は、生活習慣病を改善する方法と一部重複しています、ダイエットをすること、寝る前に飲酒をする習慣を控えることなどが該当します。他には、鼻呼吸をすること、横向きで寝る習慣を作ること、枕など寝具を変えることなどが挙げられます。恐らく、この中では枕などの寝具を変えることが一番やりやすいかと思われます。習慣はなかなか変えることが難しいからです。YOKONE Classicは横向き用に設計された枕です。この枕を使用することで、横向き寝が実現され、また頭の位置を安定させられるため、いびきの改善につながります。いびきの治し方。原因を知り改善するために

終わりの活動

終活という言葉は2009年ごろから登場したそうです。自分の残りの人生を鑑みて、自分の最後をどのように迎えるかについてを考える活動ですね。
終活(しゅうかつ)ガイド上級講座」は一般社団法人終活協議会が主催する。終活に関する知識・技能を学ぶ講座です。医療技術の発達で、寿命が延び高齢社会となりました。65歳以上のひとり暮らしも増えてきており、終活の知識は今後必要となってくることでしょう。終活に知っているだけで避けられる問題がたくさんあります。ちょっとした知識を知っているだけで残された家族の生活に影響を及ぼすものがあります。終活で取り扱う知識とはたとえば介護・医療・葬儀・墓・保険・延命治療・遺言状・財産・住まい・不要品の処分などが挙げられます。どれも自分がいなくなった時に残された家族が悩む問題と言えるでしょう。それらを自分の生前にどうするか決めておくけば、家族は思い悩まずに済みます。終活ガイド上級講座はこのような知識を学ぶ通信講座です。またこの資格を取得することで地域コミュニティに貢献する事ができるかもしれません。まず通信講座を申し込みテキストや動画で勉強します。活動シート提出することで終活ガイド上級を取得することができます。終活ガイド上級」に合格したあとは、より深い知識を身に付けるため、ホームページに用意されているセミナー動画やテキストで専門分野を学んでいきます。「終活ガイド上級」の資格者は、全国各地で開催されている終活ガイド検定が無料で受講できます。実際に講座を受講することで、学ぶだけでなく学んだ内容を使える知識に変えていきます。終活の専門家として活動するには終活の知識以外にも様々な知識・技能が必要になります。いろんなセミナーや講座に参加して必要な知識・技能を身に付けましょう。分からないことは電話やメールで相談してこなしていきましょう。一つ一つをこなしていき後悔のない自分の人生を歩んでいきましょう。【終活】後悔なく日々を暮らしていくために

葬儀でのあいさつって

葬儀や葬式では、喪主が挨拶する場面が多々あります。近しい人を亡くした中挨拶をしなければなりませんし、葬儀が始まるまでの短い時間に考えないといけないので、手間取ることになる作業と言えます。しかも、お葬式の喪主挨拶にはある程度の基本的な構成や流れ、マナーなどがあり、厳粛な場であり、細心の注意が必要になります。そのため、葬儀挨拶の代筆を行ってくれるサービスを展開しているお店があります。その名も「葬儀挨拶代筆店」そのままですね。分かりやすいです。申し込み方法はメール・FAX。電話(オプションで課金されますが)、の3つの方法で申し込みができます。金額は添削コースと通常コースの二種類にまず分かれて、その後の要求される納期日数によって変わります。文章が既に出来上がっているなら添削コースが選べ仕上がっている文章を、プロのライターが確認します。文章がゼロからだと通常コースとなります。その後入金が確認されてから文章の作成となるわけですが気を付けないといけないのは、入金が確認されてから納期の日数がカウントされるということです。納期7日前、納期3日前、納期24時間前となっており、納期期間が短いほど高額になります。だいたい、9000円~20000円くらいとなります。ほかに、オプションが用意されており、電話での対応をする場合には8000円追加料金が発生し式辞印刷を使う場合には6000円の追加料金が発生することになります。あと、手書きでの代筆を頼む場合には、到着までに六日間日数が加算されます。と、このように色々と要求されることもあるのですが、葬儀挨拶の代筆はかなり助かるのではないかと思います。先述したように、葬儀の喪主挨拶をする場合などは急を要することが多いですし、近親者をなくしていて精神的に参っている、葬儀までに期間が短く考える時間がない、そういった場面に慣れていることは少ないのがほとんどで、まず何を言ったらよいか分からない。そういった人たちが大勢おられるだろうと考えるからです。そのため、葬儀挨拶を代筆してくれるサービスは有効だと思われます。葬儀・葬式での喪主挨拶・弔辞を代筆で

チャットレディが

新型コロナウィルスの影響で外出制限がなされています。結果様々な経済活動が減速している状況でしょう。そんな中チャットレディ・メールレディという職業は好調なのではないのでしょうか。チャットレディ・メールレディというのは、インターネットや、スマートフォンなどを使って通話、画像、メールのやり取りで男性とコミュニケーションをとるサービスを行う女性たちを指します。スマホライブチャットanyはスマホ専門でサービスを行っています。最近オープンしたため、チャットレディ・メールレディを大募集しています。直接男性と会うことはなく、好きな日好きな時間仕事が始められます。場所も選びません。報酬は、通話1分で90円、メール1通あたり35円~、動画や画像位置閲覧ごとに20円となっています。歩合制なので、頑張れば頑張るほど稼げます。働き方は、まず仮登録を行い必要事項を記入してからメールを受けます。メールに記載されている、URLから入力画面を開き、必要事項を入力して送信。身分証の確認が取れたなら登録完了で仕事を開始することができます。チャットレディ・メールレディは直接会うわけではありませんが、異性とコミュニケーションをとるというサービスを行っているという性質上、キャバクラなどのような「接客業」に分類されると思います。「接客業」は人と話をすることが前提の仕事なので、精神的なストレスが主な苦労になると言えるでしょう。サービスを与える、受けるという立場的なこともあって理不尽な言葉を浴びせられたり、失礼な態度や無理な要求をされることもあり得ます。また会話を行う行為は情報のやり取りを伴うため、身バレ顔ばれというリスクもあります。相手に見せる情報には自分の個人情報などが映らないよう配慮する必要があります。報酬が歩合制なため頑張れば稼げますが、不安定になりやすいです。容姿・年令が関係なく働けるのは特徴と言えます。チャットレディは経験がなくとも始めやすい職業と言えます。しかし、どの職業も良い面ばかりというのはなく悪い面も当然あります。気を付けましょう。チャットレディーとは。スマホを使って稼ぐ方法

遺伝子を調べて猫の遺伝子

遺伝子検査というと自分の遺伝子を調べて、遺伝的に自分がどの病気にかかりやすいか調べて、その病気にかかりにくい生活習慣を送るよう心掛けるといった使い方が一般的であります。近年遺伝子検査の技術の向上により、遺伝子検査にかかる費用がぐっと安く行えるようになったことで人間だけではなく個人で飼っている猫や犬についても調べるようになってきました。もともと、猫や犬ペットの遺伝子検査はペットショップやブリーダーが販売する前に調べたりするという形で行われていました。それが個人向けに、犬や猫などのペットの遺伝子を調べるというのは画期的と言えるものでしょう。動物を飼ったことがある人ならわかると思いますが、一緒に過ごしていくうちに、家族のように愛着を持つものです。家族が病気になり苦しんでいるそういった姿は見たくないものです。なので、ねこやいぬを定期健診に連れていく家庭は増えていきました。それがもう一歩踏み込んだ形と言えるのかもしれません。値段は5000円~14000円となりますが、家族の事だと考えるとやっておこうという家庭はやはり多いことでしょう。飼い猫は個で生きているわけではありません。飼い主の世話によって生きています。飼い主は飼い猫に対して、生活を保障する責任を負っていると言えます。ひいては、飼い猫の健康についても責任を負っていると言えるでしょう。なので飼い猫の遺伝子を検査してなりやすい病気の傾向を知り病気になりにくい生活環境を整えてあげることは当然と言えば当然なのかもしれません。猫にそんなことを言ってもどこ吹く風なのでやはり飼い主が配慮してあげないとですね。
最初はどうとも思っていなかった存在であっても、一緒に過ごしていくうちに慣れて可愛く思っていくものです。猫にとっても同じみたいで、最初は近づいたるすることがあまりありませんが慣れてくると、ねこの気が向いたタイミングで甘えたりするようになっていきます。そんなねこを気にかけてあれこれ配慮するのは自然なことなのかもしれませんね。【ねこの遺伝子検査】ねこと人の健やかな生活

郵送される検査キット

病気などの検査というと、やはり病院で医者の診療を受けて、検査を行うという手順が一般的と言えます。
しかし、通信技術が進歩し、インターネット等のネットワークが発達した現代、検査キットなどを郵送して自宅で検査を行うことが可能となってきました。
考えてみると検査は、医者の診察を受けて検査を行う手順でが、実際にお医者さんがキットを使って検査を行うというよりは、看護師の方が検査キットを使って検査し、その結果をお医者さんが見て判断するという形です。つまり、検査キットは誰でも使えるものであり、検査キットさえあれば自宅でも検査が可能であるという発想なのでしょう。
これは、「Sexually Transmitted Diseases」通称STD、あるいは「Sexually Transmitted Infections」STI。
性感染症などのような、性に関するデリケートな問題を持つ人たちにとってはありがたいサービスと言えるでしょう。性に関する病気の類は軽々に相談しにくく、誰かに相談して結果それが、周りに知れてしまった場合、非常な羞恥を感じてしまいますし、悪意を持って広められて風評被害を被る可能性があります。ゆえに、例えお医者さんであっても、できれば直接会わずに検査を行いたいと考えるものでしょう。他にも、単純に病院に行く時間がなく、自宅で検査したいというふうに考える方も多いと思います。
例えば風邪のような、症状が分かりやすく、自然治癒が見込める病気なら、検査をあえて行わなくても、自宅療養しておくことで人に移すことはなく、完治も見込まれます。
しかし、性感染症には、症状が自覚しにくいものがあり、また自然に症状が収まり治ったかのように感じられるものがあります。(もちろん治ったわけではなく重症化しています。)死に至る重大な病気もあります。何より、自覚がないため、パートナーに感染させ、性感染症を拡大させてしまう可能性が大きくなります。
相談しにくいというのは、分かるのですが心当たりがあるのであれば、検査キットを郵送してもらい、自宅で検査して、自分のひいては、相手の健康のために行動するのは良いことではないでしょうか。【郵送検査】誰にも知られず、自宅で検査

シカケテガミというサービス

シカケテガミは「いい大人のためのラブレター」をコンセプトにした、絵本を作って相手に送る言うサービスです。
カップルや夫婦向けのコンセプトなのですが、大切な人であればだれに送っても良さそうです。
日頃中々伝えられない思いを絵本にして送れば、きっと喜んでくれるのではないでしょうか。
金額は4800円で結構よい値段がします。ただ、世界で一つだけという付加価値が付くのでそれを考えてみると高いのか安いのか…
ちなみに少々調べてみると、4800円を高いと感じる人は結構女性が多いみたいですね。どうやら他のものが欲しいみたいでした。男性女性の性差によるものなのか、送る側贈られる側の立場の違いなのか、たまたま意見を述べる方が偏ってあつまったのか。まぁ分かりませんが。
申し込みはスマホ、パソコンを使ってシカケテガミホームページで申し込みできます。まず、絵本作家さんを選んで、絵本のイラストのテイストを選びます。現在二人しかいないので、二者択一なわけなのですが。絵のタッチはやはり個性が出ますので好みがわかれるようですね。
絵本のテイストが決まったら、今度は基本となる個人情報を入力になります。個人情報といっても自分の名前だとか、パートナーの愛称だとか子供が何人いるかとかそういった情報です。
個人情報が入力出来たら、自分、パートナーのアバター作成です。いくつかのパーツを選ぶだけなので簡単にできます。しかし、顔のパーツは結構たくさんあるので結構個性が出せるようですね
幾つかの定型文から5つストーリーを選んで選択です。ストーリーを考えなくてよいのでそこは助かりますね。
最後の場面に自分の自由メッセージを表示するので、メッセージを作成しましょう。いってみれば一番ここが重要なところと言えるでしょう
ちなみに、本の帯表紙も設定できます。推薦人を立てて推薦文など書いたりしていますね。ユニークですよね。
プレビューを見て問題なければ決裁して完了です。
1週間~10日くらいで到着です。
感謝の気持ちはあっても、恥ずかしくて言えない。そんな人はシカケテガミで感謝の気持ちを表してみても良いのではないでしょうか。【シカケテガミ】思いを、言葉に変えて形に変えて 

本の出版はアウトプットな行為!?

本を読むという行為は、インプットであると言われます。そして、対比として、文章を書く本を作る行為はアウトプットと言ってよいでしょう。主観的な話しにはなるのですが、インプットよりアウトプットの方がきつい。そう思われる方は多いと思います。インプットはいわば知識を自分のものにする行為、アウトプットは自分のものにした知識を使って何かを構築する行為と言えるでしょう。アウトプットの方がきついのは当然かもしれません。しかしきつい思いをして生み出したものには、愛着がわきますし誇らしくも思えます。本を作る…いえ、本を出版するという行為は、本を読むという行為とは違う大きな意味を持っていると考えます。

では、本の出版とはどのような流れになるのでしょうか?作業としてはもっと細かくなると思いますがこのようなものでしょう。
1.原稿を執筆する
2.打合せ・入稿
3.編集・レイアウト・校正
4.印刷・製本
5.完成

1.原稿を執筆する
原稿がないと本は出版できませんものね。まずは「原稿」を完成させましょう。

2.打合せ・入稿
次に「打合せ」です。本のサイズやカバー、いつまでに出版したいかなど、編集者の方と打ち合わせを行いましょう。ある程度方針が決まったら、原稿を渡して、「入稿」です。

3.編集・レイアウト・校正
それから、「編集・校正」ですね。本全体の構成、見出し等の見直しをして原稿を整理したり、誤字・脱字・誤記入などを発見して訂正をします。

4.印刷・製本
校正完了後、製版・印刷・製本という工程になります。ここはプロの方にお任せし、完成を待つことにしましょう。

5.出来上がった本を納品してもらい完成です。

作業工程はもっと複雑で色々あると思いますが、こんな感じでしょう。本の出版において、作者が主に担うのはやはり、原稿執筆と言えそうですね。とはいえ、一つの本となる分量の執筆とは、相当な量でしょうしその苦しみは想像するに難くありません。しかし、本が完成され出版されたときその喜びはひとしおでしょう。
何物にも代えがたいものなのかもしてませんね。自分の本が出版されるってワクワクしません? 

 

虫を食べる時代がくるかも

2013年国連食糧農業機関(FAO)が昆虫食を推奨する報告書を発表しました。
来る将来、環境悪化などにより穀物の不作が続き、深刻な食糧問題が発生すると予測され、その救済案として昆虫食を推奨するというのです。
現在地球上には約2000種ほどの昆虫が食用とされています。
世界では数百か国が昆虫食の文化を持っています。
日本もかつては昆虫食の文化が広く普及しており、大正時代の調査によれば約55種類もの食用昆虫の存在が認められたいました。しかし第二次大戦後には20種類まで減少し、現在ではイナゴ、ハチの子、ザザムシなどが一部の地域で伝統的に食されているにとどまっています。
通常身の回りにいる昆虫は、追い払ったり、叩き殺したり、時には、殺虫剤で戦ったりするような不快な存在です。しかし、優れた栄養食品でもあり、他の食材に引けを取らない量のたんぱく質繊維質、良質の脂肪、必須ミネラルを含んでいます。これは昆虫が昆虫の体を維持するための栄養をその体にため込んでおり、人間がそのまま食することができるからです。牛などで行おうとすれば牛一頭丸々食べる必要が出てきます。
さらに、飼育の観点からも利点があります。昆虫は成長が早く育成に必要な土地は、牛や豚、ヒツジなどを育てるよりもはるかに狭くて済み、食べたエサを家畜より効率的にたんぱく質に変えることができるので、少ない投資で多くの成果を得ることができます。
また、昆虫食を行うことで、殺虫剤による昆虫駆除を軽減させる側面も期待できます。さらに、食用昆虫を養殖するという新たな産業が生まれ雇用の創出につながる可能性があります。
と、良いとこづくめの昆虫食ですが、エビやカニと近い生き物であるため、アレルギーについて気を付けねばなりませんし、毒を持った昆虫も多いので知識もなくむやみに食すると危険です。また見た目が受け付けないという方も多い事でしょう。
このように、リスクもあるのですが昆虫食には、さまざまな期待が寄せられています。
現在日本では昆虫食が当たり前、という段階ではありませんが、いずれ普及し普通に食卓に並ぶ日も来るのかもしれませんね。【昆虫食】栄養価が高く、美味しい!様々な味を楽しめる魅力的食材